FC2ブログ
        

路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

支部長・赤鞄「ねこ」になる (その2)

では、いよいよ折り返し地点の魚町1丁目と魚町2丁目の商店街をつなぐ勝山通り上空の『魚町エコルーフ』を観察してみましょう。

井筒屋方面

やっと『魚町エコルーフ』に到着しました。リバウォークや井筒屋が見えます。月曜日の正午過ぎという時間帯もあって車の通りは少ないようです。
少し『魚町エコルーフ』について考察してみましょう。魚町1丁目アーケードと魚町2・3丁目アーケードは、勝山通りで分断されていましたが、2010年3月にこのジョイントアーケード『魚町エコルーフ』の完成で雨の日でも傘をささずに通行できるようになりました。また、エコルーフの名前の通り、屋根部分にはソーラーパネルを設置し、太陽光発電を行い夜間照明にもLEDを使用するなど、環境に配慮した現代型アーケードとなっています。


真夏の炎天下、照り返しもひどく暑さは路上以上だと思います。
ふと、振り返って赤鞄を見ると歩いてはいるのですが、かなり壊れかけています。一方女子大生の方は、相変わらずハイテンションをキープしています。支部長はと言えば、喉が渇いて息も絶え絶えの状態です。

モノレール

赤鞄も意を決して『魚町エコルーフ』の上に立っています。しかも果敢に通過中のモノレールの写真を撮影しています。
「赤鞄大丈夫か」
何とも不思議な笑みを浮かべて「もうわけわからん。魚町エコルーフのキャットウォークの手すり、ものすご怖くない?」
確かに銀天街側はアングル(等辺山形鋼)の手すりだったのですが、『魚町エコルーフ』はすごく細いワイヤーが手すりなのです。
「確かに怖いっちゃ、怖いのう」

しかし暑い。その上おなかも空いてきた。女子大生は帰ろうとする気配はない。まだ「キャットウォークをねこ歩き~」などと言いながら歩き回っている。
「おい赤鞄、どっかこの辺にジュースの自販機なかったか」
「確かザボビルの前にあったんやないン」 
「誰がそこに降りて買いにいくんや」


マクドナルド

目の前にあののマークが。いつもは下から仰ぎ見る形ですが、すぐ目の前にドーンといった感じであります。大きいですね。ということはあの下には、いろいろと飲み物が売ってるということである。喉が渇いた~うらやましい。

マック2F

マクドナルドの3Fで食事をしている人と、目が合ってしまいました。不思議そうな顔をしています。そうだ、支部長は名案を思い付いた。
「赤鞄あそこの人に、飲み物なんか買う(こう)て来てもらおうや」
「支部長もあきらめ悪いねぇ。そんなんできませんて。さ、こんな機会ないんやけ、支部長ももっと観察せんな」
急にいつものペースに戻った赤鞄に引きずられるように連れられ、観察を続ける支部長であった。



次回は、アーケード上から見つけた珍しい物件の観察を報告します。


「赤鞄じっと座りこむな!」





コメント:

銀天街の上からコメントありがとう

もりんこさん・lokipaoさんコメントありがとうございます。面白いものがあればどこへでも出かけていこうと思っています。
ちなみに銀天街のキャットウォークには「ねこ」は見かけませんでしたが、旦過市場に行くと「黒ネコタンガ」がいるかもしれません。これからも応援よろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://rojyokansatsu-kokura.jp/tb.php/81-994c9914

 | ホーム | 

Calendar

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ