FC2ブログ
        

路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

大手町を走っていた汽車

今回は少し趣向を変えて、古い地図を観察してみましょう。

支部長の手元にあるのは、今から47年前の昭和39年の地図です。昭和39年(1964年)と言えば東京オリンピックが開催された年です。この時東海道新幹線もできたのですが、そのころの小倉のまちを地図から振り返ってみましょう。

地図

目を凝らしてみてください。47年前の当時の様子がうっすらと見えてきたでしょうか?
大手町のソレイユホール(旧厚生年金会館)付近の地図です。このころはまだ中央図書館西側の道路は存在していません。また、現在の地名と異なるところも多く見られます。


今回支部長が注目しているところは、清水小学校の北側から日豊線が分岐して、現在の大手町方面と吉野町方面に引き込み線があることです。以前、木町のエンジェル・ドアをご紹介したときに、最後に「この物件のすぐ北側に、昔の線路跡を遊歩道として整備しているところもありますので、子供の頃をを思い出して、数人で汽車ごっこしながら観察に行くのも素敵かも。」と締めくくっていますが、これが吉野町に抜けている線路跡のことでした。


現在、この一部が、原町緑道として遊歩道として整備されていますので、ぜひお散歩されるのもよいかと思います。

これからもこの地図を手に赤鞄とともに観察を続けていきます。線路は続くよどこまでも。



コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://rojyokansatsu-kokura.jp/tb.php/78-49d3bbda

 | ホーム | 

Calendar

« | 2018-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ