FC2ブログ
        

路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

浅野の壺庭

以前、『壷中天』という『壺の中の宇宙のイメージ』する庭ということで『壺庭(つぼにわ)』を紹介しましたが。今回は不思議な階段があった倉庫でも『壺庭』を発見することができましたのでご紹介したいと思います。採集地は小倉北区浅野です。

坪庭

前回ご紹介した倉庫のすぐ前に2つの『壺庭』を発見しました。
しかも左右で少し様子が違います。車が常時通るところですから、ここまで植物が成長するのも大変だったろうと思います。
もう少し詳細に観察するため左側の『壺庭』に近づいてみましょう。

壺庭2

かなり植物が茂っています。イネのような葉っぱです。これ以上大きくなると車のタイヤで踏まれるのでしょうね。縁の部分には踏まれて枯れたような跡が見られます。穴の形は丸く、車止めのポールでも建てていた跡ではないでしょうか。
続いて右側の『壺庭』を観察してみましょう。

壺庭3

右とかなり形が違います。鋳鉄製のようです、何か蓋の跡のようなものが観察できます。しかも、この『壺庭』を保護するようにコンクリート製の枠が観察できます。
この形どこかで見たことがありませんか?たぶん止水栓のの跡ではないかと思われます。

面白いことに、左側とは全く別の種類の小さな植物がまばらに育っています。1mも離れていないのにです。
この2つの違いについては、支部長は『壺庭』の土の位置に関係あるのではないかと考えています。
左側の物は、縁から2~3cm下のところに土がありますが、右側のものは、縁からわずかのところまで土があります、もし、この上を車が通った場合、左側であれば縁と土の間にあれば植物は安全に生育することができますので、ある程度ここまで伸びたのでしょうが、右側の方はその隙間がほとんどないためにこのようになったのではないのでしょうか。

これから先、左の『壺庭』もいづれは土や砂で埋まっていくでしょうから、いつの日か左のようになっていくのかもしれません。右側についてもいつかは土で埋まってしまい、植物が生育していく上で厳しい環境になるのかもしれません。

しかし、そもそもこんな通路の真ん中に止水栓があるのが、もっと不思議なことかもしれない
・・・と思った支部長でした。





コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://rojyokansatsu-kokura.jp/tb.php/75-7ed57982

 | ホーム | 

Calendar

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ