FC2ブログ
        

路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

馬借の「庇」

今回は「庇」について紹介したいと思いますが、定義をもう一度復習したいと思います。「庇」とは下にあった窓や扉が無くなってしまったにもかかわらず、雨を防いでいる無用の「庇」のことをさします。

以前、路上観察学会小倉支部 会員№3の@lokipao 様が京町1丁目の転写物件で、隣家の屋根とのジョイント部分が残っている状態を庇と思われていましたね。間違えやすいので皆さんも注意してください。赤鞄もずいぶん間違えてたよな・・・。


採集地は小倉北区馬借2丁目です。

馬借の庇

写真中央のの部分をよく観察してください。小さな庇があるのがわかりますか。横にある車と比較すると、高さは3m近くあるかと思います。その下には窓も扉もありません。「庇」です。この下にはいったい何があったのでしょうか。もう少し近づいて、観察してみましょう。

馬借の庇2

「庇」の横に幅60cm程度の小さな階段があります。このための庇でしょうか?しかし高さ的に不自然な気がします。普通であれば通路部分の天井と高さを合わせると思うのですが、天井部分と「庇」部分に微妙な高さの差があり、気になります。
また、駐車場となっている土地とはフェンスで仕切られていますので、駐車場側からの出入りは不可能です。ではこの「庇」は何のためにあるのでしょうか。

この庇の上部に小さな換気扇があるので、汚れや油煙対策かとも考えてみましたが、壁にそのような跡もなくここに「庇」がある存在理由についてはうまく解釈はできませんでした。皆さん、いいご意見はありませんか。


ただ、今も、庇は健気に雨を防いでいます。頑張れ。







コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://rojyokansatsu-kokura.jp/tb.php/69-4b8e627a

 | ホーム | 

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ