FC2ブログ
        

路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

小倉鉄道、添田線の起点、東小倉駅

JR九州の小倉駅から門司駅の間に、今はもうほとんど使われてない貨物駅「東小倉駅」があるのをご存知ですか。
実はここは、昭和31年までは旅客駅としても使われていました。その面影を残す、数少ない遺構がこれです。
まずは写真で観察してみましょう。

東小倉駅


正面に見える黄色い見張り台の向こうに、V字型に少ししか草が生えていない部分があるのが観察できましたでしょうか。これが旧東小倉駅の旅客口の階段跡です。
現在のJR九州日田彦山線のうち、東小倉~添田区間は大正4年に「小倉鉄道株式会社」という民営会社の手で誕生しました。その後、昭和18年に戦時買収されました。そして戦後に城野付近及び香春付近のルート変更並びに延伸が行なわれ、日田線に改称されました。

国有化された後も、東小倉駅は添田線・日田線列車のみの停車で、鹿児島本線側にはホームすら設けられていませんでした。そのため、添田線・日田線と鹿児島本線を乗り換える場合には、一旦駅の外に出て西鉄北九州線などで東小倉駅と小倉駅の間を移動する必要がありました。

そのすぐのちの昭和31年、城野駅と水町信号場の間の短絡線が開通し日田線の旅客列車が小倉駅へ乗り入れを開始されることになり、東小倉駅から水町信号場までは日田線の貨物支線となり、旅客営業は終了、旅客ホームは撤去されました。その6年後の昭和37年には東小倉駅と水町信号場の間の貨物支線も廃止されました。


もっと近づいて観察を続けてみましょう。
「えぇ~!!あっちまで歩いて行くん」赤鞄の悲鳴とも取れる声が。二人は炎天下の中、高浜の踏切を渡って富野まで行くことになったのでした。


東小倉駅階段

国道三号線沿い、今は立ち入り禁止の看板とポールがたって入ることができませんが、眼下に大変大きな階段を見ることができます。すぐにでも降りることができそうな立派な大きな階段です。小倉炭鉱や田川地区の炭鉱へ向かった人や、閉山後そこから各地へ向かった人たちがこの大階段をいろいろな思いを胸に昇降したことでしょう。今にもその声が聞こえてくるようです。つい目をつむって列車の行き交う風を感じたくなってしまいました。



半世紀以上使われていなかったこの大階段。私もきっと今日の暑さとともに君のことは忘れない。今夜はビールがうまいぞきっと。






コメント:

はじめましてbluefieldと言います。
小倉に18まで東小倉駅付近に住んでおり、懐かしい写真が多く一気に読ませていただきました。
特に水管橋の明治の刻印は現地では気づかず、大変面白く読ませていただきました!
今後ともよろいくどうぞ!

コメントお礼

bluefieldさんコメントありがとうございます。
水道橋に秘密お役に立てて何よりでした。bluefieldさんのブログも拝見させていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

終戦直後の冨野駅

私は豊前川崎から添田で乗り換え冨野駅で下車、這い上がった様な石段を上がり冨野(市内電車)で東本町終点(門司港)下車、約1キロ先の真光寺谷(旧門司2)まで行きました。
母方の祖母、叔父宅があり夏冬には良く行きました。添田線は添田~冨野と思っていましたが?。
田川線と交差する勾金・油須原辺りで直結された事も承知しています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://rojyokansatsu-kokura.jp/tb.php/55-0f254fd0

 | ホーム | 

Calendar

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ