FC2ブログ
        

路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

くろねこのタンガが採集したブルーマンハウス

今回の物件は、大學堂のくろねこタンガくん(@daigakudo)からの投稿物件です。
タンガくんのテリトりと思われる、小倉北区馬借1丁目が採取地です。


投稿いただいた写真で観察してみましょう。

ブルーマンハウス


全体が真っ青に塗られた建物ですが、出入り口の扉以外に窓などの開口が全くありません。
なんと、側溝の上に置いてある石までもが青く塗られています。ここに、この建物のオーナーの青に対するこだわりが感じられます。


さらに驚くべき点がこの建物にはあるのです。
もう少し建物に近づいて観察をしてみましょう。

青いかぎ


ドアの取っ手、南京錠まですべて真っ青に塗られています。ここまでくれば普通ではありませんね。
なんでかこのグループ、連想しますよね。

ブルーマン


ブルーマン、きっと彼らならこの建物と同化してしまいますので、違和感なく生活できると思うのですが、近所の旦過市場に行って『大學丼』などを注文すると、大変違和感を感じてしまうかもしれませんね。市場内が大騒ぎになることは請け合いです。もし来られたら、大學堂2階の屋根裏博物館に御案内されるほうがいいかも。体がデカイので階段が登れるか微妙ですね。ただ意外と「ビスラマ語」に堪能だという話を小耳にはさみましたが・・・・。


さて、この建物の端っこに次のような張り紙があるようです。ねこを対象にしたようですが。ねこに理解させるのはちょっと無理な張り紙。じつはこの張り紙は以前 「ダブルバインドな物件」でもご紹介いたしましたね。


ねこフン


この点については、青ベースに白のハリガミですからインパクトはありますが、どうなんでしょうか。やはりネコは読めないと思いますがね。でも、こんなでかい「青いねこ」が立ち寄ったりして。


ねこ耳

唐突ですが、通称「ねこ耳新幹線」FASTECH 360、筆者の分類では青系ねこ属としていますが。
この「ねこ耳新幹線」急ブレーキをかけた際に空気抵抗を増加させるために「ねこ耳」の空気抵抗増加装置が取り付けられた実験車両です。結局、この「ねこ耳」量産型のE5系の「はやぶさ」では採用されませんでした。

「ねこ耳」ここちよい響きです....萌えますよね、AKBのカチューシャを聞きながら、ねこ耳付きのカチューシャが似合う女の子っていいよね~~..これ以上書き進むと「なん書きよるんですか」という声と同時に、赤鞄を投げつけられますのでこの辺にしておきます。



いろいろ書き綴ってきましたが、最後に大學堂「くろねこのタンガ」くんに投稿、「ありがとうございました」スタッフ一同(支部長+赤鞄の2名)心から、お礼をまず申し上げます。そのうちカツブシ持ってお礼に伺います。
これからも「ねこの視点」で、何か気になる物件がありましたら、是非ご紹介をよろしくお願い申し上げますニャン。


そのうち、赤鞄と一緒に大學丼を食べに伺います。





コメント:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アオネコさんへ

コメントありがとうございます。赤鞄は、とても素敵な人ですが、生粋の小倉っ子で口が悪いのが玉にきずです。これからも、素敵な小倉の風景の一断面を切り取り、紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://rojyokansatsu-kokura.jp/tb.php/42-84f8459b

 | ホーム | 

Calendar

« | 2018-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ