FC2ブログ
        

路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

『第8回 マンホールサミット in 北九州』 開催決定

 北九州の下水道の始まりは、1900年(明治33年)公布された下水道法に基づく許可を得て1918年(大正7年)に旧若松市の事業認可に始まります。着工全国で11番目、九州では初めての下水道事業でした。
その後、1925年(大正14年)に旧小倉市・1934年(昭和9年)に旧八幡市・1958年(昭和33年)に旧戸畑市・1963年(昭和38年)に旧門司市で下水道の事業認可を国より受けました。しかし、合併後1963年(昭和38年)以前には本格的な下水処理場がなく、なかなか下水道事業は進まなかったようです。合併直後、本格的な処理場として皇后崎浄化センターの稼働後本格的に下水道整備がすすめられました。
現在は、下水道普及率は99.8%となっていますが、合併して4年後の1967年(昭和42年)でも普及率は10.1%しかありませんでした。

 今年は、北九州の下水道事業開始から100周年にあたります。それを記念して『第8回 マンホールサミット in 北九州』が開催されることになりました。

北九州サミット(小)


北九州サミット裏(小)

 支部長はリレートークのゲストスピーカーの一人として「路上観察とマンホールの蓋」のお話をしていただくことになりました。ブログをお読みになっている方はご存知と思いますが、主に旧5市時代のマンホールの蓋とその後その一部が日明浄化センターに保存されることになった経緯をお話したいと思います。

 ご興味のおありの方は、ぜきご来場ください。参考までに市制50周年の時のマンホールの蓋特集の新聞記事を掲載しときます。


新聞記事

コメント:

マンホールサミット北九州ではお世話になりました!

先日はマンホールサミット北九州ではお世話になりました!
旧北九州5市のお話とても勉強になりました。
保存ができた前例は、日本中に広がると思います!
これからも宜しくお願いいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://rojyokansatsu-kokura.jp/tb.php/186-3aba272e

 | ホーム | 

Calendar

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ