FC2ブログ
        

路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

阿部定物件

今までは、採集地から書き進めていたが、今回はこの物件の定義から説明しよう。
路上観察学では、これから紹介するような物件を 「阿部定物件」 と定義している。
有名な猟奇事件「阿部定事件」の技法に倣って切断された電柱や樹木であることから、その名を呼ばれるようになった。


今回の2物件を紹介したいと思うが、この採集された場所が非常に意義ある場所ということで、さらに「阿部定物件」としての評価を上げていると筆者は考えるものである。

それでは、まず1件目の「阿部定物件」。

線路脇の阿部定

JR小倉駅近くにある「阿部定物件」。
電信柱の途中で”スッパリ”と切られてしまった物件である。

切られてかなり年月が過ぎてきたのであろうか。切り口の部分がかなり腐食してきたようだ。
くぼんだ所を灰皿として活用している様子である。
ここに植物でも生えて来たら、「阿部定物件」でありながら「京都の壺庭」ということになってしまう。※「京都の壺庭」については今後の採集時に記述することにしよう。



第2の物件もここからあまり離れていない場所で採集した。

形が妙に生々しい。
とにかく写真をご覧いただきたい。

阿部定2件目


道路擁壁の隙間から出てきた樹木の切断跡である。
なんとも艶めかしい。

現在は道路拡幅工事中で暫くしたら無くなる可能性が高い。
非常に残念である。




さて、この2物件の採集地についてペンを進めてみよう。
場所は小倉北区船頭町、この辺でピンと来た人がいたらすごいぞ。


第1物件はJR鹿児島本線の線路と〇ープ街との間にある路地にあるのだ。
第2物件は、そこの西側に出て工事中のJRのガードをくぐると直ぐのところだ。


この物件は、採集場所が風俗街にあるというとことで、より一層「阿部定物件」の価値を高くしていることには同意していただけるものと思う。






第2物件は切断面より「新しい命」が芽吹いていた。






 

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://rojyokansatsu-kokura.jp/tb.php/16-b323a244

 | ホーム | 

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ