FC2ブログ
        

路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

壺の中にも春の訪れ

「桜」開花の報道も各地から届けられていますが、小倉のまちを観察しながら歩いていても色々なところで様々な春に出会います。
今回紹介するものは、その中の一つ。


採集場所は小倉北区紺屋町を流れる砂津川の護岸の上です。ではさっそく観察してみましょう。

坪庭


かつて護岸の上にあった交通標識か何かの跡でしょう。その中に土泥や砂などが溜まり、さらにその中にあった植物の種などから芽が出たということで、この物件となったのでしょう。
以前、ご紹介したことがありますが「路上観察学」では「壺庭」と呼ばれて珍重されています。


「坪庭」とは建物と建物との間や敷地の一部にあり、塀や垣根で囲まれた小さな庭の事を言うのですが、この「坪庭」の坪から「壺」を連想させ「壺中天」という、「壺の中の宇宙のイメージ」を喚起するに及んで「壺庭」と命名されました。


交通標識の跡の穴からわずか数cmの自然がみえている。なかなか風雅なものです。


もう少し近づいて、春の「壺庭」を風情を観察してみてください。

はるの壺庭



いかがですか、小倉にも春がやってまいりました。

この小さな「壺庭」の中の植物は「ハハコグサ」別名は「御形」(ごぎょう)春の七草の一種です。
花言葉は、「優しい人」


コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://rojyokansatsu-kokura.jp/tb.php/113-2f87df6b

 | ホーム | 

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ