FC2ブログ
        

路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

数少ない小倉鉄道の遺構

現在は市街地の中に埋もれている旧小倉鉄道の東小倉~水町信号所間については、以前からとても気になる物件でした。毎日古い地図を眺めてはため息をつき、ネットでいろいろ検索してはまたため息の日々を送っていました。

一度、東小倉から水町信号所までゆっくりと線路跡を巡って歩きたいと考えていますが、今日は近くまで行く用がありましたので、足立の橋台を観察しに出かけました。物件の採集地は小倉北区足立です。


足立1


神岳川支流の橋台のあとですが、水町側の橋台だけが残っています。東小倉側は残っていません。単線にしてはかなり大きな橋台です。これから見て線路跡は宅地化されたのでしょう。線路が載っていた部分と、縁には飾りの花崗岩が使われていますね。よくぞ残っていました。もっと近くで観察して見ましょう。

足立2

煉瓦の積み方はイギリス積みです。レールが載った部分の花崗岩はかなり大きなものです。縁の飾りも手が込んでいてかなり丈夫に作っています。現在は護岸の一部として再利用しているのでしょう。

反対の下流側からも観察してみましょう。

小倉鉄道33

花崗岩の縁石がとてもきれいです。
これをじっと眺めていると、蒸気機関車のドラフト音が聞こえてくるような気がします。ここを色々な思いで汽車に乗り、希望を胸に小倉炭鉱や筑豊の炭鉱へ向かった人々や、閉山で失意を胸に各地へ向かった人もいたでしょう。また、我が国の産業を支えてきた石炭や石灰岩もここを通って各地へ運ばれていたことでしょう。

数少ない小倉鉄道の遺構、是非いつまでも残してほしいものです。




コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://rojyokansatsu-kokura.jp/tb.php/100-839c4044

 | ホーム | 

Calendar

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ