路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

旦過の馬駐(うまどめ)

ちょっとまえ、北九州市立大学に当時助教授で居られた重信幸彦先生が毎日新聞に寄稿された記事に「旦過市場の小倉中央市場は旧軍隊の厩(うまや)を解体した廃材を使って建てた」という気になる内容がありました。

doc20130528115345_001 (640x264)

そういえば、支部長がカクウチでお世話になっている中央市場の酒屋さんのおかみさんもそんな話をしておられたような。よくよく考えるとこれは面白い内容ですよね。


まず「小倉中央市場」と言ってもどこかわからない人もいると思いますので下の地図をご覧ください。赤くハッチングした三角形の箇所、小文字通りから旦過市場に入る大學堂の先の一角がまでが小倉中央市場です。

doc20130525160323_001 (453x640)


小倉中央市場の人に聞いてみると、平和通りに面しているところについては道路ができたときに建て替えたそうですが、それ以外はほぼ戦後すぐの建物だとのこと。下の写真で見るとそれがよくわかります。真ん中あたりも少し新しいようですね。


中央市場4


そのあと、色々と市場の人に聞いたところ、馬をつないでおく金具、馬駐(うまどめ)がまだ市場の中に残っているという話が出ました。なぬっ!?そんな話を聞くと何が何でも見つけようということになります。

誰が一番に発見するか、支部長と赤鞄はダッシュで旦過の小倉中央市場に!
これは真剣勝負です。


中央市場



最初は中央を調べてみました。しかしここの壁は漆喰で、時代的には終戦直後という感じではありません。市場内の天井は高いところ低いところ様々です。陳列されている野菜や果物に目もくれず、ひたすら首を上にして目を凝らします。


年季の入っていることは分かるのですが、なかなか見つかりそうもなく、支部長は喉が乾いてしまっていつもお世話になっている「Red壁」さんでちょっとビールが飲みたくなってしまいました。赤鞄にそのことを言うとまた凄く怒られるので、そこはぐっとこらえて自動販売機でお茶でも買おうかと自販機の方に歩いて行ったときでした。


中央市場3


おお!あったあったありました。コカコーラの自動販売機の右上の方です。この写真では暗くてちょっと見にくいのでもう少し近づいて観察してみましょう。

中央市場1

丸い鉄の輪っかが「馬駐」です。この輪の部分に手綱を通して馬を繋いだのでしょう。何だか手作り感があってとてもいい物件です。喉の渇きも忘れて見とれていました。


もう少し近づいて観察してみましょう。

中央市場2

輪の直径は15cm程度でそれほど大きなものではありません。こんな処にひっそり、軍馬をつないだ馬駐。
ここに繋がれた馬ももしかしたら戦地に行ったのかもしれません。「戦地から帰ってきた軍馬はいない」という話を聞いたことがあります。そんな馬たちを弔うためか、近くの八坂神社には軍馬忠霊塔が、門司の正蓮寺には軍馬塚があります。

そんなことを考えると、この馬駐も愛おしく見えてくるものです。


勝負は支部長の勝ちです。それでは念願のカクウチに行ってまいります。






 | ホーム |  »

Calendar

« | 2013-05 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ