路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

路上観察学会 小倉支部のこと

2011年5月20日、支部長が会社にあった黒板にヘタレ文字で路上観察学会 小倉支部の名前を書き、赤鞄と二人でこれを掲げた。

IMG_0334.jpg

そして、ブログの第1回目に次のような文章を綴った。


最近、ナニコレ珍百景のような「不可解な現実」「不可解な実態」を視聴者投稿の形で俎上に乗せる番組や、タモリ独自の視点・目線にて「ユニークなまち歩き」のブラタモリなどが放送されている。

このような、違った視点・目線からまち歩きを行うことを路上観察学として、30年ほど前盛んに行われていた。

ハリガミや看板、商品や屋号のネーミング、トマソン(無用な長物)不可解な現象や実態など奇妙なる物件を探し出し観察することを、赤瀬川原平(芸術家・作家)南伸坊(イラストレーター)松田哲夫(筑摩書房元社長)などが提唱し
その後、路上観察学会として組織化された。

世の中には、不必要に凝視することで、不思議に味わいの湧く、奇妙な現象や物件があるのも事実である。
しかし、そういったものに気付き、採取したところで無論さしたる意味はない。

しかし、そうした時間の楽しさ、ばかばかしさは、なぜが奇妙に味わい深い。

今から、ぜひ皆さんにもこんな「ムダな体験」をしていただきたく思い


路上観察学会 小倉支部  を立ち上げた

IMG_0340.jpg



そして、それから間もなく2年を迎えようとしている。当初、匿名・顔出しなしと決めていたのに、支部長が会社の黒板にヘタレ文字を書いたばっかりに、会社がもろばれ。
調子にのって「ブラコクラ」の講師を引き受けたりしていたら、『雲のうえ』に紹介され、そして今回はFBSテレビで紹介されることになった。

しかし、会社の仕事と路上観察学会 小倉支部とは全く関係はない。確かに支部長と赤鞄は同じ会社に所属しているがその会社の中にある、あくまでプライベートなサークル活動や同好会的なものである。

ここまでやってこれたのも、このブログでつながった皆さんとともに、歩くことができたからである。
それだけは、間違いない。
第1回目にブログに書いた、志はいまだに変わらない。もう一度初心に帰って、三年目に突入したい。

もう一枚の後ろ姿

路上観察学会小倉支部より

 | ホーム |  »

Calendar

« | 2013-04 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ