路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

2次元表現の限界

ここ数年3D映画や3Dテレビなどが流行していますが、ここまで至るには先人たちの色々な苦闘があったに違いありません。今回はこの辺をテーマに、2次元表現の限界と看板職人の苦闘についてお話を進めたいと思います。場所は小倉北区京町にあるコインパーキングです。さっそくご案内しましょう。

IMG_3653 (640x471)

何の変哲もない駐車場のようですが、左側のビルの壁面と正面に黄色の看板に注目してください。何やら矢印と3つの文字が書かれています。

少し左手のビルに近づいてみましょう。

IMG_3648(低画像) (640x480)

「精算機」とガッツリと書かれています。しかし料金の精算機がこの矢印の先にあるかと思いきや、精算機らしきものは見当たりません。あるのはコンクリートブロックと建物の基礎の一部。やはりどこにも精算機はありません。この看板では何を表現したいのでしょうか。これではかえってお客さんが混乱するのではないでしょうか。


IMG_3649(低画像) (640x480)

では正面にあった看板も観察してみましょう

IMG_3652 (640x480) (640x480)

正面には黄色い同じ看板がありますが、矢印の先に精算機らしきものは見当たりません。そして、右側に目を転じてみると右方向の赤い矢印と精算機と書かれた紺色の看板が。
最初の写真をもう一度ご覧ください。紺色の看板の右側に緑色のテントが見えませんか?なんとこれが精算機だったのです。

確かに分かりにくいのですが、これが2次元表現の限界でしょう。この看板をデザインした看板屋の苦悩が目に浮かびます。紺色の看板側にあった、あの黄色い下矢印の看板は必要ないし、かえって混乱させているのではないかと考えているのは支部長だけではないでしょう。

心優しき支部長、精算機を探して歩きまわる人々がいましたら、「こちらですよ」と声をかけてあげることにしております。


 | ホーム | 

Calendar

« | 2013-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ