FC2ブログ
        

路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

東小倉駅 謎の地下道と信号機

旧小倉鉄道添田線、のちの国鉄日田彦山線の起点駅、その後貨物駅として長い歴史のあるJR東小倉駅も、北九州貨物ターミナル駅に2002年(平成14年)にその業務を移管し、既に9年の年月が過ぎました。
この東小倉駅に今でも大屋根のあるターミナル跡や、旅客扱いがあった時代の大きな階段、富野側からターミナルに続くトラックの乗り入れ口などがまだ残っています。

この駅の特徴は、足立山の麓にあるため、南側・北側ににある道路とはかなりの高低差があることです。
今回は、北側道路からの進入口について観察してみましょう。

東小倉駅1

199号線の末広町の信号から高浜踏切に入っていく通りの途中にあるのがこの物件です。
真ん中に点灯していない信号機がある不思議な入り口が見えます。その入り口の門は閉ざされています。その上にはJR鹿児島本線が走っています。入り口につながる道路上にはセンターラインを表示するためでしょうか、金属鋲がしつらえています。右側の用壁に何かかかれています。
ちょっとそばに寄ってみましょう。

東小倉駅2

だいぶ汚れや劣化が進んで読めない字もありますが、上にJR貨物 専用地下道、右下に東○○○と読むことができます。ここはたぶん、東小倉駅から199号線を経由して貨物を搬出入するためのトラックの出入り口として利用していたのでしょう。

東小倉駅3

もう長く使われていないためでしょうか、かなり水がたまっています。左手の建物は何なのでしょうか。線路面まで高さがありますので、監視所みたいな機能があったのでしょうか。
地下道そのものは幅員がそれほどありませんので、地下道内でのトラックの離合は無理でしょう。そのためこの信号を使用して、片側一方通行での運用をしていたのかもしれません。

この先、この地下道に再び、自動車が通ることはあるのでしょうか。
無用信号機に灯りが灯ることはあるのでしょうか。







 | ホーム | 

Calendar

« | 2011-10 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ