FC2ブログ
        

路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

リバーウォーク前の高所物件

リバーウォーク北九州の向かい側に、青い古い木造2階建て建物があること、ご存知の方も多いと思います。
現在は、聖林公司(ハリウッドランチマーケット)のセレクトショップとして利用されていますが、この建物は築後140年を迎える旧小倉県庁舎の一部です。

さっそく観察してみましょう。採集地は小倉北区室町2丁目です。

小倉県庁舎1


小倉県は1871年(明治4年)11月に、第1次府県統合により豊津県(旧小倉藩)、千束県(旧小倉新田藩)、中津県(旧中津藩)、日田県の豊前国部分(企救郡等)を統合し、豊前国に小倉県として発足しました。1976年(明治9年)4月に福岡県と合併されるまでの間、この建物が小倉県庁舎として使われました。その後、裁判所・警察署・病院等を経て現在に至っています。


後ろに回って観察してみましょう。

小倉県庁舎


2階の真ん中になにか不思議な引き戸があります。エンジェル引き戸?それともただの吐き出し窓なのでしょうか。庇も付いてますし、何か張り出し部分もあります。もう少し近づいて観察してみましょう。

小倉県庁舎3

引き戸下部の張り出しは、かなり大雑把な作りになっていますね。人が乗ると落ちてしまいそうです。引き戸の左隅に何か取っ手の跡のようなものが確認できます。


ズームアップして観察してみましょう。

小倉県庁舎4

鍵穴と、何かねじ穴のようなものが見えます。ということは、外側からもカギの開閉がでいていたのでしょうか?ここに外階段があったのかもしれません。エンジェル引き戸と考えるとちょっと庇が小さい気もしますが、この謎を解くために建物の周りをよく観察してみました。


そこで発見したのが、正面入り口の右手にあるこの引き戸と、吐き出し窓です。

よく観察してみましょう。

小倉県庁舎5

こちらも裏と同じような引き戸と、その横には吐き出し窓が観察できます。裏のものとの違いは、バルコニー状の柵のついた出っ張りがあることです。吐き出し窓については、内側に柵があるようです。これをバルコニーと言ってよいものかは悩むところですが、140年前西洋風の木造建築の意匠としたらうなずけるかも。これを手がけた大工の棟梁も悩んだでしょうね。



さて、今回の高所物件は、やはり『エンジェル引き戸』として認定したいと思います。




 | ホーム |  »

Calendar

« | 2011-10 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ