FC2ブログ
        

路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

八幡駅周辺のマンホール観察

今日はちょっと遠征をして八幡駅周辺を散歩してみました。やはり新日本製鉄八幡製鐡所のお膝元ですね。いろんな珍しい物件を見つけることができました。
ではさっそく観察してみましょう。

採集地は八幡東区西本町4丁目です。

新日鉄水道

これは、新日鉄の専用工業用水のマンホール蓋です。皆様もご存じと思いますが、新日本製鉄八幡製鐡所では河内貯水池や養福寺貯水池など、自社専用の水利を持ち、自前で水道を運営しています。そのマンホール蓋がこちらです。新日鐵の社章入りのとても立派なマンホールです。


さて続いて別のマンホール蓋を観察してみましょう。採集地はこのマンホール蓋と同様に、八幡東区西本町4丁目です。

八幡製鉄所水道


スタイルはほぼ同じですが、社章の違いがお分かりいただけますか。このマンホール蓋は1970年(昭和45年)に八幡製鐵・富士製鐵が合併して新日鉄ができる前の八幡製鐵所時代のものですから、既に40年以上たっていると思われます。


次の物件を観察する前に、このマークをご存知ですか。

八幡市市章


これは北九州となる前の「旧八幡市」の市章です。8本の幡(ばん)をデザインしたものと言われています。八幡だけに8本の幡ですね。


次の物件の採集地は八幡東区前田1丁目です。

升蓋


マンホール蓋ではありませんが、希少な物なのでご紹介したいと思います。これはL型溝の合流升の蓋です。50年以上の年月のためでしょうか、かなり摩耗していますが、旧八幡市の市章がお分かりになるかと思います。
いまだ現役でがんばっています。拍手ものですよね。


さて今日は、大盤振る舞いで次の物件をご紹介しましょう。採集地は八幡東区平野2丁目スピナマートさくら通り店の駐車場入り口です。

八幡市下水


旧八幡市の下水道のマンホール蓋です。50年以上前のものとは思えないほどきれいで、コンディションも抜群です。ぜひ皆さんにも見ていただきたい逸品です。

旧5市時代には、ほぼ各市の中心部しか下水がなかったようです。中心部では車の往来も多く、そのために舗装の改修が頻繁に実施され、それと同時にL型溝の改修やマンホールの蓋の交換が行われた結果、旧5市のマンホール蓋はほとんど見ることが困難になりました。もし見かけた方がいらっしゃいましたら、是非こちらまで → oendan@kitakyushucci.or.jp ご連絡ください。よろしくお願い致します。


マンホール観察の最後は、やはり下水のマンホール蓋で締めくくりましょう。

新日鐵下水


新日鐵専用の下水のマンホール蓋です。採集地は八幡東区平野2丁目です。社宅街のあったところで採集しました。さすがに専用の下水は持っていないようですが、社宅街の幹線は自前で引いたのかもしれません。


八幡西区の三菱化学も瀬板貯水池等専用水利を持っているので、もしかしたら黒崎方面にも「スリーダイヤ」のマンホール蓋があるのかもしれません。発見された方はぜひ、ご連絡よろしくお願いします。







 | ホーム | 

Calendar

« | 2011-09 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ