路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

支部長・赤鞄「ねこ」になる (その1)

今回観察した物件は「路上」と言っていいものかどうか判断に迷いましたが、とりあえず人間が歩ける場所なので皆様にご紹介することにしました。しかも今回は女子大生をゲストとしてお迎えしての合同観察会で、支部長ちょっぴり嬉しいです。


ゲストの2人は最初からハイテンション。ヘルメット&軍手で身支度を整え、赤鞄は赤い鞄を持たずにカメラを手に観察に出発!!

アーケード

はい、到着。
ここは小倉北区魚町3丁目魚町銀天街のアーケードの上です。私たち観察隊が歩いているところは「キャットウォーク」呼ばれているアーケードの点検通路の上です。今回は特別にお願いしてアーケードの上の観察をすることになりました。魚町商店街振興組合様にはご協力を深く感謝申し上げます。

さっそく観察を始めましょう。魚町3丁目側より小倉駅方向を見たところです。ずっと向こうまでキャットウォークが続いています。そして約10mごとに渡りが付いています。アーケードの下とは全く違う風景が続いています。ビルの高さはまちまちで、私たちの目線より下に窓があったり、見上げた場所に鳥居があったり、とても不思議な空間です。
“ オイオイ勝手に先に行くなよ ”と言っても女子大生はさっさと先に向かっています。
支部長と赤鞄はまず南側に向かって歩き出しました。

アーケード2

魚町銀天街側から見た旦過市場の様子です。アーケードの一番端には私たちの背より高い装飾が付いているのでその隙間から観察してみました。旦過のアーケードは切妻型になっていますが、魚町のそれはかまぼこ型になっています。材質はアクリルなのでしょうか。
ここで少し魚町銀天街のアーケードについて考察をしてみましょう。
このアーケードは、昭和26年10月に日本ではじめて公道上にかかる全長130mのアーケードとして完成しました。この際、このアーケード付きの商店街の名称を全国公募し、約6000通の公募作品のなかから『銀の天井に輝く街』を意味する『銀天街』と命名されました。以降『銀天街』の名称が各地へ広まりました。この日本初のアーケード銀天街発祥の地として平成22年に記念碑が勝山通りのマクドナルド前に作られました。


最初からハイテンションな女子大生2人組がついに壊れ始めました。

キャットウォーク

"キャットウォークでねこ歩き~″など叫びながらこのポーズ、支部長しばし唖然として声もでず。


気を取り直してどんどん駅の方に向かって歩いて行きましょう。見るもの見るもの驚きの連続。支部長もだんだんテンションが上がってきたところで ″支部長~″ と赤鞄の呼ぶ声が・・・。

アーケード4

振り返ると赤鞄がキャットウォークに座り込んでしまいました。
″ 自分が高所恐怖症っち言うこと、アーケードが下にあったけ忘れとった。でも、交差点のところでアーケードのない道を見たら怖いで動けんごとなった~どうしよう~ ″
と言いながらも写真を撮っている赤鞄を見て、支部長は戦前の尋常小学校修身の教科書に乗っていた木口小平の話を思い出し、感動してしまいました。

  キグチコヘイハ テキノ タマニ
  アタリマシタガ、 シンデモ 
ラッパヲ クチカラ 
ハナシマセンデシタ

心を鬼にして″ はってでも来い! ″と言い放って立ち去る支部長でありました。


アーケード5

魚町2番街のアーケードへ到着。ここから井筒屋のクロスロード上空の連絡通路がよく見えます。しかし炎天下。影一つないアーケードからの照り返しが激しく、みんな汗だくです。キャットウォークでねこ歩きと言うよりもなんだか「フライパンの上のねこ」状態です。この先が思いやられます。それでも『魚町エコルーフ(ジョイントアーケード)』まで行くのだ!



                    次回に続く

 | ホーム |  »

Calendar

« | 2011-08 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ