路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

盆地のまちに職人魂を見た

 昨年、秋に西都城駅の改修工事も終わり見違えるようにきれいになりました。以前は壁が汚れてしまってグレー、一色でしたが白と黒に塗ら分けて、駅名と都城島津家の家紋〇に十の字が金色でくっきりと描かれて素敵な駅に大変身しました。また、この駅の1番線ホームからは旧都城市民会館を望むことができます。

西都城駅

 昭和54年に都城の市街地区間が高架化されて現在は高架駅になっています。昭和62年の志布志線の廃止までは、日豊線と志布志線の接続駅でしたので大隅半島への入り口として賑わいがあったみたいです。
 支部長の住んでいるまちは海のない盆地のまちなので、昔は志布志線を利用して届く海産物はとても大切な存在でした。お年寄りの話を聞くと、新鮮な魚を携え、市営市場やリヤカーで魚を売っていた様子を懐かしそうに話をしていただいたこともありました。
 現在も特急停車駅ですが、残念ながら乗降客数は400人くらいだそうです。ですから、駅員さんも午前6:30~午後8:00までしかいません、それ以外は無人駅になってしまいます。

動輪

 駅前広場には、昭和48年に開催さた宮崎植樹祭に際して、昭和天皇のお召列車を務めた蒸気機関車C57117(通称 シゴナナ)の動輪とプレートが記念として飾られています。

銘板

 今回の物件は、この動輪ではありませんこの駅前広場に面した建物にあるのです。窓などにカッティングシートであるものを除いて壁に文字やマークを入れる場合は、板金加工やアクリル板で文字を浮かせる場合が大半ですよね、西都城駅の駅名看板を見てみましょう。

西都城駅看板

 ご覧いただいた通り文字と、都城島津家の家紋を立体的に加工されていることが分かりますよね。では本日の物件ですが、この立体的な加工が、板金やアクリル板ではないのです。早速見てみましょう。

楠原商店全景

 楠原商店さんという元衣料雑貨の問屋さんだったところです。今はご商売はやられていないようですが倉庫として使われているようです。西都城駅が大隅半島の入り口と先ほども紹介しましたが、駅周辺には今でも衣料品の問屋さんが数件残っています。
本題は、壁に取り付けている看板ですが、店名とお店のシンボルマークらしきものが青と赤で立体的に描かれています。しかし、他所で見られるような板金&塗装やカラーのアクリル板とは質感が違っています。もう少し近づいてみてみましょう。

屋号

 赤いマークを拡大してみると、ちいさな赤い長四角のピースの集合体でできています。ちいさな赤い長四角のピースは1㎝×2㎝程度のタイルのようです。その周りも白い目地できれいに仕上げています。この部分のタイルだけでもどれくらい使ったのでしょうか。
松の字の周りの〇の部分もよく出来ていますし。角の部分や字が交わる部分もタイルを短く切ったり、角度を合わせて切ったり素晴らしい作品です。特に丸の部分は内周と外周では差があるので大変だったろうと思います

屋号拡大

 文字や丸の部分お端を見てください角度がついているのです。そこにも丁寧にタイルが張られています。看板屋さんが作ったとは思われません、たぶん左官職人が篭手絵(こてえ)の要領で下地を作って色を付けるためにタイルを張ったのではないのかと考えます。素晴らしき職人魂に感服です。ぜひいつまでも残していただきたいものです。

楠原商店西側

 この写真では、既に電話番号と思われる部分の一部がすでに無くなっているようですが、まだまだなかなかの逸品です。都城西駅の駅前広場に駅舎を背にして立つと左手に見えますので、お時間があったら是非一度、見ていただけたら幸いです。



霧の中を舞うエンジェルたち

支部長が盆地のまちに移ってきてから1年が経ちました。盆地のまちは、焼酎や鶏・豚・牛の一大生産地の顔を持っていますが、霧のまちでもあります、この霧のおかげで、とても良いお茶の産地でもあります。

相も変わらず、まちの観察も行っています、思った以上に色々なカテゴリーのトマソン物件が見受けられます。結構多いのがあの物件です。やはり霧と関係あるのでしょうか、さっそく観察してみましょう。

エンジェルドア1‐2


盆地のまちの市役所の近くにある、古い歴史を持った小学校の西側の道路に面したとところにある2階建ての事務所兼住宅の2階の向かって右端にあの高所物件ドア(エンジェルドア)がありました。もう少し近づいていて詳細に観察してみましょう。

エンジェルドア1‐1



エンジェルドアの周辺だけ外壁の色が違っています。庇(ひさし)は窓のところと同じですから元々あったものでしょう。左側に物干しがありますので、ここにもう一か所物干しがあったとは考えられません。外階段でもあったのでしょうか?

もう一件別のエンジェルドアを観察してみましょう。採取地は合同庁舎のすぐそばにあり元々お菓子屋さんでしたが、現在は空き家になっています。道路からは、直接に見ることはできませんが、注意してみると何となく変だなと感じると思います。まずは道路側から観察してみまょう。

エンジェルドア2‐1


隣接する建物の面した側に物件を見ることができます。たぶん屋上に上るための階段を外したために、エンジェルドアとして残ったのでしょう。屋上の階段があった場所応急処置で補修した跡が見えます。
結構狭い階段だったのでしょうと思われます。お菓子の製造販売していたようですので、甘い香りのエンジェルが出入りしていたのかもしれませんね。エンジェルドアの真下から観察してみましょう。

エンジェルドア2‐2

ドアの左側に外灯のスイッチとと思われるものも残っています。

霧とエンジェルの関係性については、よくわかりませんでしたが同じファンタジー系の物なので相性は良いのではないでしょうか。


支部長、住んでいるところの近くにも翼のとれたジェルさんがたくさんいます。今の住まいは、盆地のまちで一番大きな歓楽街の西の端にです。事務所は、東の端から道路一本隔てたところにあります。必然的に出退勤はこの歓楽街を横断して行くことになります。朝の出勤時はそうでもなりませんが、夕方の退勤時は翼のとれたエンジェルさんたちにお会いすることが度々あります。たまにはそれに付いて行ってしまうことも‥‥・。

あんまり関係ないかな~?



盆地のまちにもあの「謎の物件」があった!?

昨年の七夕の日に発見した、小倉のまちの真ん中にある、謎のレーダサイトを発見した時に感じた〝危険な香り"を盆地のまちでもかすかに感じてしまいました。

目玉

その場所はいつもお酒や、おつまみを買いに行くドラッグストアーの近くに行くと感じてしまうのです。そこで今日は、その周りを詳細に観察して回りました。ありました、ありました、少し古いので小倉で感じた時より「危険な香り」は少し弱いようです。チョット逆光なので見にくいのですが、小倉で発見した物件と同じタイプの物件があるではありませんか。

IMG_3324.jpg

しかし、小倉の物件とは別の「危険な香り」がするのです、その原因はいったい何なんでしょうか?しかし、かなり古い物件のようで全体がかなりさび付いています。

IMG_3320.jpg

小倉の物件は、電柱に番線や結束線で留められていましたが、この物件は固定された形跡はありません、しかも風が吹くとユラユラと揺れているのですどうなっているのでしょうか?
次の写真を見ていただけるとわかると思いますが、この物件の支柱の太さが違う部分を支点にして、電線に引っかかっているのです。
この電線が張ってある錆びた鉄柱にこの物件が取り付けてあったのでしょう。

IMG_3325.jpg

台風か風か何かの衝撃で、老朽化のために折れてしまったのでしょう、今年も盆地のまちにも台風が近づいて風や雨のひどい日があったのですが、微妙なバランスで落下しなかったのでしょう。
それとも、大車輪状態でグルグル回っていたかもしれませんね。(#^.^#)

IMG_3322.jpg

これで微妙にバランスが取れているのです。しかし、「危険な香り」なんていてる場合じゃありません、マジに「危険な物件」です。電線が切れたり風にあおられて落ちて来たら危ないですからねぇ。

宙つり

真っ青な秋空のもとで、古くなってもまだ「謎の電波」は発射されているようです。しかし威力はかなり低下しているみたいですが。
かなりの時間謎の電波の照射を受けてしまったので、帰りにドラッグストアーで、思わず500mlの缶ビールをカゴに入れてしまった支部長でした。(/∀\*)

支部長がこの空き店舗を事務所に選んだ訳

盆地のまちに引っ越してきて、最初の1か月間は別の空き店舗をお借りしていたのですが、9月から中心街にある商業施設の中にある空き店舗を事務所にすることにし、3年半ほどここで仕事をすることになりました。この商業施設は10年ほど前に区画整理で立ち退きとなった商店主さんたちが協力して建築されたものです。

C-PLAZA5.jpg

2階建てでオープン当初はほぼ満室で埋まっていたようですが、現在は2階部分はかなりの空き室があります。南側の道路や10号線側から見たときはそれほど魅力を感じませんでしたが、この商業施設の裏にあった百貨店を解体した跡地から見た時、支部長は雷に打たれたような衝撃を受けました。

大丸側から1

この写真ではちょっと見えにくいのですが、トマソンがあったのです。トマソンと共に日常として生活するなんて夢みたいな生活が送れるだろう。考えただけで幸せな気分になってきます。そして、この物件を即、決定してしまいました。
そのトマソン物件は、事務所のすぐ横にあります、まずはそれを少し近づいて観察してみましょう。

C-PLAZA1.jpg

左側のウインドの部分は支部長が居る事務所です。事務所を過ぎるとその物件はドンと鎮座しています。これは正に、上って下りるだけの階段、「純粋階段」です。これが事務所の隣にあると思うだけでもうウキウキしてしまいます。

C-PLAZA2.jpg

踏み面も広く、日当たりもいいのでここでお弁当するのもいいかもしれません。
いや!!それはダメでした、「純粋階段」上って降りるだけと言う階段の持つ特性以外の機能を持たしては、その純粋性を阻害してしまうことになりそうですから、この考えは諦めることとします。

C-PLAZA3.jpg

建物から飛び出しているところが大きな特徴です、まるで空中に浮いているように本当に久しぶりに美しい純粋階段を見ることができました、いや毎日観察することができます。実はこの純粋階段にはすごく悲しいお話があるのです。

都城大丸

この写真は2011年まで存在した、盆地のまち唯一の百貨店です。支部長が入居している商業施設の1・2階は連絡通路で百貨店と結ばれていました、しかし2011年に百貨店が倒産したためこの連絡通路は閉鎖されてしまいました。その後、百貨店を解体したためこの階段部分を残して連絡通路も百貨店と同時に撤去したそうです。
隣の百貨店と続いていたために、この商業施設にも百貨店からの回遊客もありましたが、連絡通路閉鎖後は、連絡通路側前の店舗はどん詰まりの通路の奥にあるために通行客が激減しために閉店していったようです。

C-PLAZA4.jpg

この美しき、「純粋階段」はこれからどうなるのでしょうか?しばらくは、支部長が愛でていきたいと思います。まずは、毎朝掃除をしてあげましょう。

 | ホーム | 

Calendar

« | 2018-05 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ