路上観察学会小倉支部 a File of the ROJOH KANSATSU

過保護なバス停

今回は、路上観察学会小倉支部 会員No.3 @lokipaoさんからのレポートをご紹介します。


実はこの2月から、会員No.3 @lokipaoさんの本業の方で担当する地域変更があり、若松区、戸畑市、八幡西区折尾周辺、中間市、直鞍を担当することになり、新たな地区を隅々まで歩くことでますます面白い物件に出会えているようです。それではさっそく会員No.3 @lokipaoさんからのレポートを観察しましょう。







路上観察学会小倉支部 No.3 @lokipaoです。まちを歩いていると2度見するようなものに出くわしませんか?路上観察の入り口です。


今日の物件は「過保護なバス停」です。採集地は中間市。
まずは次の写真をご覧ください。バスが来ても近寄れません。それよりも、まず第一にナゼこれがバス停だと分かったんでしょう。バス停標識すら付いていません。

s-15_08_52.jpg


実は左の方に小さくバス停が写っています。歩いているときに最初こちらのバス停に出会い、その後この物件に出会ったため、直感的に「元バス停」だと思いました。

s-15_09_47.jpg


よくある「臨時に移しています」ではありません。元バス停の周りにある黄色い車止めはがっちりと置かれています。
トマソン分類的には無用なんとかの世界ですね。でもいつかは撤去されるでしょう。そう考えると今出会えてよかったです。


<おまけ>
黄色の車止めが目に鮮やかですね。黄色は注意喚起の色で色々なもの使われます。珍しいところではガードレールが黄色いのをあちらこちらで見かけます。


s-15_46_15.jpg

中間市では水色のガードレールを発見しました。
夏の青々とした田に映える水色のガードレールを見たくなりました。でも目立つのかな?

s-154720.jpg






会員No.3 @lokipaoさんにとって、新たな地区で本業の方はもちろん、路上観察の対象物件も沢山の素晴らしい出会いがあることを祈っています。


須賀神社にある狛犬の秘密に迫れるか

このブログお読みの方ならこの写真はもうお分かりでしょう。
そう、須賀神社の登っているのか?降りているのか分からない狛犬君です。

このオモシロい形の狛犬は他にないのでしょうか?「他にはない狛犬」と言った手前何だか気になってしまい、本やネットで調べてみたりしました。やはり調べた範囲では同じようなものは本当にないようですが・・・。

左右後ろ

2011年6月23日に須賀神社の狛犬をご紹介してからずっとこのことが気になり、あちこち出かけたときにはできるだけ狛犬を観察するよう心がけていました。結構気の小さい支部長です。


あれから約2年。ついに、この狛犬によく似た狛犬に遭遇したのです。
今回は小倉を離れまして、福岡県飯塚市の天道宮が採集地です。
さっそく観察を始めましょう。

天道古1


ずいぶんと古い狛犬です。顔などは削れてしまってはっきりとしません。しかし前足の足の着き方が少し変です。何だか、何かに抱きついているようにも見えます。
こんどは、後ろに回ってみましょう。

天道古5


どうもおしりの位置というか安定が悪いようです。後ろ足ははっきりしませんが、座っているようには見えません。髪の毛はなんだかコンローのような感じになっています。
反対側に回って観察してみましょう。



天道古4

おしり全体が台座からはみ出ています。後ろ足がかなり踏ん張っているように見えます。
何か大きな玉のようなものに乗っているのかしがみついているようですが・・・。

もっと近づいてみましょう。

IMG_0401 (480x640)


かなり古くなって輪郭がはっきりしないとこがありますが、やはり「玉に乗っている」もしくは「登っている」または「しがみついている」といった非常にユニークな動きの狛犬です。


狛犬の観察はファンも多く、ブログや本もたくさんあります。落語家の桂円丈さんはその代表的なマニアとして知られています。

支部長も最近、あちらこちらを回ったおかげでちょっと面白い狛犬をいくつか見つけましたので、機会があれば小倉の物件ではありませんがご紹介したいと思います。狛犬ファン募集中です。






お詫びと訂正について

先日、若松・戸畑旧市の市章のついたマンホールについてご紹介いたしましたが、実は現物を見つけたことで、欣喜雀躍(きんきじゃくやく)の状態にあり、その後のフォロー調査が甘く、誤った情報を提供することになってしまいましまい、大変申し訳ありませんでした。今後、今回のような事態が再発しないよう十分留意をしてまいりますので、今後も当ブログをご愛顧いただきたいと思っています。


今回の訂正は、「炎天下のサイクリング」のブログの中の、「中心はWのデザインで周囲を松の葉で囲っています。はっきり何の用途とは断定できませんが、1963年以前のマンホールであることは間違いないでしょう。」と記していますが、この部分が間違っていたことが判明いたしました。

その検証をしたいと思います。

市章

まずは、上に図の右側をご覧ください、これが旧若松市の市章です。本来であれば「中心部は、右からカタカナの『ワカ』のデザインで周囲を若松の葉で囲っています。はっきり何の用途とは断定できませんが、1963年以前のマンホールであることは間違いないでしょう。」するべきでした。本日、このお詫びと訂正させていただく同時に、本篇についても訂正と写真等を変更させていただきたいと思います。
本当に、皆様にはご迷惑をかけ、申し訳ありませんでした。心からお詫び申し上げます。

今回、左側に掲載した一緒に入手した旧戸畑市市章の画像も合わせて紹介しました。「戸」をデザインしたものですが、戸畑も牧山岸壁を中心に石炭積み出し港として発展してきました。そのためなのでしょうか、「戸」の上の部分は「つるはし」をかたどったものと言われています。



支部長、ちょっと凹み気味でしたが、多分今晩もお酒を呑んで明日からまた頑張るでしょう^^(赤鞄)



若松のアタゴ

皆さん『アタゴ』ってご存知ですか。
路上観察の世界では『アタゴ』は次のように定義されています。

~道路脇にある意味不明の突起物。車の駐車禁止のため役に立っている可能性もある。トマソン探索初期、赤瀬川らが新橋から愛宕山に向かう途中でこれの第一号を発見したため、アタゴという名前が付けられた~


本当は他地区の物件でもあり、紹介したくはなかったのですが、あまりにも美しい『アタゴ』でしたので今回紹介することにしました。採集地は若松区浜町1丁目です。まずは、遠景から観察してみましょう。

若松アタゴ遠景


和風の立派な門と、塀のあるお宅の前に何やら不自然な突起物があるのが観察できましたか?これが『アタゴ』です。道路と塀の間に空間があるので、ここに車をとめたり出来ないように設置したのでしょうか。もう少し近づいてみましょう。

若松アタゴ2

自然石をうまく配置していますね、石張りの床やふるい塀と相まっていい雰囲気が醸し出されています。小倉にも『アタゴ』はあるにはあるのですが、突起の数が少なかったり、1斗缶にコンクリートを流し込んだだけのものなどが多く、紹介を見合わせていましたが、今回は他地区物件ですがあまりの美しさに免じて紹介をお許しください。



炎天下のサイクリング

先週「怒濤のマンホール特集」とか言って調子にのって旧八幡市のマンホールを紹介したのが運の尽きであった。北九州でもうちの地区はどうなっとるんね、とか言われるとやらんわけにはいかんやろうという事で、昨夜、倉庫からここ数年乗ったことのないママチャリを引っぱり出し、早起きして、拭いたり、油挿したり、空気入れたりして、若松・戸畑方面に炎天下の路上観察サイクリングを決行した。
調子に乗るとろくなことがないわい。


まずは、若戸渡船で若松渡し場へ。ここから上野ビル・古河ビルの方面に自転車を走らせたが、道路の拡幅や、歩道の石張り化などで影も形もない。ここでUターンして海岸沿いから古い住宅街へとママチャリを進めてみました。ありました、しかし驚いたことに結構大きな交差点の中にあるのです。採集地は若松区本町1丁目です

若松マンホール訂正1

縁はコンクリート製です。コンディションあまりよくありません。しかしよくこんな交差点の中によく残っていました。

若松マンホール訂正2

中心部は右からカタカナの『ワカ』のデザインで周囲を松の葉で囲っています。はっきり何の用途とは断定できませんが、1963年以前のマンホールであることは間違いないでしょう。しかし暑い、どこかコンビニでお茶でも買おう。


次は古い古い今まで見たこともない止水弁です。採集地は若松区浜町の市場の路地です。

sisuisenn

今まで見たことのない止水弁です。普通は丸いタイプが多いのですが、これはほぼ真四角に近い形をしています。一般のものよりかなり大型です。

止水栓若松

止水弁の文字が右から左に書かれています。このマークは旧北九州水道組合のマークです。結局2時間以上かけて渡し場周辺から修多羅方面まで遠征しましたが、計3カ所で旧若松市のマンホールを確認しました。その後、また若松渡し場まで戻って、自転車と一緒に乗船。腰とふくらはぎがかなり痛いしついでにおしりも痛い。


いよいよ戸畑上陸。旧戸畑市は合併前下水道普及率が最も高かったようなので期待できます。ターゲットは北鳥旗あたり。かなり期待できそうです。おお、早速発見。やはりにらんだとおり、戸畑区北鳥旗の路地で採集しました。早速観察してみましょう。

戸畑マンホール

北九州市が合併後しばらく使っていた、鋳鉄の型の上にコンクリートを流し込んだタイプです。もっとそばに寄ってみましょう。

戸畑まんほーる2

余り自動車が通らない場所にあるのかコンディションはGoodです。旧戸畑市市章の上に遠慮がちに「下」の字が読めます。下部は上に比べてかなり大きな「水」のデザイン文字も。でもこんなにきれいな状態でよく残っていました。

その後あちらこちらを走り回ってみましたが、JR戸畑駅の西側の方ではまだかなり旧戸畑市市章のマンホールが残っています。特にハンドホール、現在はイチイガシのドングリデザインのやつより、旧戸畑市タイプの45cmの汚水枡の方が多い路地もありました。JR戸畑駅東側ではこのタイプのマンホール・ハンドホールは全滅でした。


最後にかなり古い消火栓を紹介して、クーラーの効いた店で戸畑のチャンポンでも。旧戸畑市の消火栓です。

戸畑消火栓

一見、ごく普通の消火栓ですがそれが違うのです。かなり古いもののようです。

消火栓戸畑市

先ほどの止水弁同様に右から左に消火栓と書いてあります。たぶん昭和27年に北九州水道組合ができているのでこれはこれ以前からのものでしょうか。かなり摩耗しています。旧戸畑市の市章もかろうじて見えるといった程度ですね。


支部長自身もう遠征はこりごりですが、5市対等合併ですので門司も行かんわけはいかんのかな。。でも慣れない自転車マンホールサイクリングは暑くて、痛くて、正直明日は体ガタガタかも。



 | ホーム |  »

Calendar

« | 2018-05 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

小倉支部長

小倉支部長

ようこそ
『路上観察学会 小倉支部』へ

暮らしの役にも立たない
だけど心が躍り、ほくそ笑む
無駄なモノなど何もない
究極のエコ
それが
『路上観察』

物件投稿募集中!!!
こくらタウンナビ